忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




1969年製のスモールサイズ。
デザイナーはニルス・トーソンです。
ニルス氏はコペンハーゲンで『バッカ』『テネラ』シリーズをデザインしている人。日本でもまぁまぁ有名だと思います。
ニルスデザインはあと1967年がそうですね。元々の生産数が少ないので、67年は滅茶苦茶高価ですが。PS3が二台くらい買えます。

69年はシリーズの中でも一番イケメンだと思います。
花をモチーフにしたデザインっぽいのだけど、曲線の使い方が如何にもスカンジナビア。
PR



コペンハーゲンが1967年から毎年作っているイヤーマグカップです。
ラージとスモールの二種類あります。

写真のはスモールサイズ。
コーヒー飲むには少し小さい気がしないでも無い。

ラージサイズの方は本当に大きくて、扱いにくい。
この中間というのが欲しいんだけど、世の中そんなに都合いいことばかりじゃねぇのです。
ラージサイズは、鉛筆立てとか、ハイドロカルチャーの容器代わりに使える大きさです。カップ以外で使った方がいいかもね。
かくいう私もラージサイズが手に入ったら観葉植物でも植えようかと思案中。

日本だとスモールサイズの方が人気あって、アンティークショップでも、大抵スモールの方がお高いです。
海外だと逆に、ラージの方が重要あるみたいで、値段も高いし、市場にも余り出ません。
アラビアのポットもそうでしたが、日本人って小さいのを好むんですよねー。小型高性能を求めるのは日本人の血なのかもしれません。


DSC_0093_01.JPG 







ARABIA社のティーポットGA1。
前回、GA3を入手できたので、一回り小さいGA1の方も頑張って手に入れました。

DSC_0096_01.JPG






右がGA3、左がGA1。
GA3はやっぱり大きすぎます。日常で使うならGA1でしょう。
その分、GA1の方が人気もあり、高価なのですが。

DSC_0097_01.JPG






ふもふもアリスと比べると大きさがよく分かる。

  HOME  
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[10/26 きりゅ]
[10/26 きりゅ]
[10/14 hage]
[10/12 A]
[10/09 きりゅ]
最新記事
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]